地下都市の住民について


『住民登録とバーコード』

住民はバーコードで管理されており、学業での成績や、仕事で得た財産等はそちらに記録される。
大抵の場合は両手首のどちらかにある。近年はコードのスキャニング被害もあり自衛する者もいる。
バーコードの所有者が絶命した場合、子どもへのデータの引継ぎなどを終えた後無効化される。

都市の治安を犯した者などはバーコードを剥奪され、機能を無効化および抹消される。



『職業について』

5才から10才の子どもは、義務教育を受けその成績や適性を記録され
10才になると労働が義務付けられる。また、10才になると他の住民と婚姻関係を結ぶ『番』の
関係を組むことが出来る。転職は可能だが、番の解消は原則として不可。




『施設について』


全ての住民は施設に自室を持ち、暮らしている。番や家族、幼い子ども等は専用の部屋が用意される。
施設は宿泊施設や娯楽施設の名残だったため、食堂や温泉施設の跡地等がある。
自室の鍵はバーコードでの施錠式となっており、部屋の住民や施設職員以外の施錠は不可能。